会社情報 COMPANY INFO

IR情報

営業外収益(為替差益)の計上及び通期業績予想の修正に関するお知らせ

2016年04月01日

当社は、平成28年2月期連結会計年度(平成27年3月1日から平成28年2月29日まで)において営業外収益(為替差益)を計上するとともに、最近の業績動向を踏まえ、平成27年10月9日に公表した業績予想を下記の通り修正いたしましたのでお知らせいたします。


1.営業外収益(為替差益)の内容
当社は、平成28年2月期第3四半期連結累計期間において為替差益47百万円を営業外収益に計上しておりましたが、昨今の急激な為替相場の変動により、平成28年2月期第4四半期連結会計期間において為替差損40百万円が発生したため、平成28年2月期連結会計年度末において為替差益6百万円を営業外収益に計上する見込みであります。これは主として当社保有の外貨建債権債務の評価に係る為替相場が、大きく円高に推移したことによるものであります。

2.平成28年2月期通期連結業績予想数値の修正(平成27年3月1日から平成28年2月29日まで)
  売 上 高 営業利益 経常利益 当期純利益 1株当たり
当期純利益
前回発表予想(A) 9,400百万円 20百万円 50百万円 30百万円 1円77銭
今回修正予想(B) 9,351百万円 △65百万円 △65百万円 △54百万円 △3円24銭
増減額(B-A) △49百万円 △85百万円 △115百万円 △84百万円  
増減率 △0.5%  
(ご参考)前期実績
(平成27年2月期)
9,186百万円 △36百万円 200百万円 91百万円 5円38銭

3.修正の理由

  平成28年2月期の通期連結業績予想につきましては、売上高はパーソナルユースを中心とした新製品の投入や海外売上の増加、一部製品の値上げ効果の示現等により前連結会計年度比増収となる見込みではありますが、前回予想を僅かに下回る見込みであります。利益面につきましては、平成28年2月期第4四半期連結会計期間において、売上高が伸び悩んだことに加え、円安の影響により、海外生産品等の円ベースでのコストの高止まりが継続したこと、期末にかけての為替相場の変動により、為替差益計上額が大幅に減少したこと等により前回予想を下回る見込みであります。

(注)上記の予想は、本資料の発表日現在において入手可能な情報に基づいて作成されたものであり、実際の業績は、今後様々な要因によって予想数値と異なる結果となる可能性があります。

以 上

詳細はPDFをご覧下さい。
ご覧になるためにはAdobeReader(6.0以上)が必要です。 AdobeReaderをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックし、ダウンロードして下さい。

 

PCキー

TOPへ戻る